医学部編入の志望動機の書き方

学士編入試験ではほとんどの大学が「志望動機書」の提出を求めます。400字から1000字程度で課せられることが多いです。面接で色々つっこまれるので慎重に書き上げる必要があります。

この記事では、まず3つの基本を紹介し、最後に生物系の人向けの解説します。


絶対必須の3つのこと

少なくとも下記の3つを明確に示す必要があるでしょう。ただし、メインは(1)でよいと思います。

(1)あなたはこれまでキャリアを活かして医学・医療に貢献する 
これを理解してもらわなければ、大学側があなたを採用するメリットが全くありません。学士編入制度の根幹です。客観的に無理がないように、論理的に書かなくてはなりません。

(2)あなたは医師になることで自己実現を達成する
医学・医療への貢献を果たすことがあなた自身の価値観(自己実現)に合致していることを示すべきです。大学としては、将来への投資としてあなたを採用し、教育するわけです。途中で辞めるような半端な者を採用していては損失です。

(3)医師以外のキャリアではあなたの自己実現は達成されない
これは、上述の(2)を論理的に補強するという意味合いになります。場合によると思いますが、「これまでのキャリアを続けていては自己実現を達成できない」ことには言及していた方が良いと思います。上述(1)と整合性を保つことが必要なので、人によっては説明が少し難しくなるかもしれません。

以上を論理的に繋げたら書類上の志望動機としては十分だと思います。



生物系の大学院生や研究者は?

はっきり言って、生物系の研究に携わっている人はかなり志望動機を書きやすいと思います。「分子・細胞を相手にした研究だけでは、人間を理解できないし、医療への貢献にも限界がある」というようなことを書けば納得してくれると思います。これにあなた自身の価値観や人生観を書き加えましょう。

他の解答もあると思いますが、将来は「研究も臨床もどちらもやりたい(または橋渡しをしたい)」と言うのが一番無難なように感じます。「研究だけ行いたい」のであれば、医師にならなくても(場合により医師と共同研究して)基礎研究ができますし、「臨床だけ行いたい」と言えば今までの研究経歴は活かさないのか?と疑われやすいと思います。
関連記事:
医学部学士編入と昨今の研究医不足
研究者が医学部学士編入を目指す意外なメリット