医学部学士編入の英語対策

英語は、生命科学とともに最重要となる科目ですが、生命科学と比較すると暗記の要素が小さいため、「時間をかけて勉強しても学習効果が表れにくい」という点が厄介になると思います。

また、出題される英文はほとんどが科学論文であるので、向き不向きの問題も出てきます。


医学部編入の英語試験の特徴と対策

学士編入の英語が対策しにくい理由として、以下の3つがあると思います。

 ①英語論文の形式への慣れが必要
 ②生命科学の知識が必要
 ③内容を日本語でまとめる日本語スキルも必要

また、一般の大学入試と異なり、細かい文法問題・単語チェックはあまり出題されず、文章の大意を読み取る力の方が問われやすいです。

上述の①~③のそれぞれについて、私が思う対策方法を順に書いていきます。。


①英語論文への慣れ=
理系の大学院生や修了生で平均的な英語力があれば、レベルとしては十分だと思います。もしそうでなければ、論文を読んで、重要な記載を素早く読み取ったり、文章構成の展開に慣れる必要があり、これに時間がかかると思います。

たいてい、ある程度まとまった内容を含む長い文章が出題されます。必ずしも、内容の100%読解できるレベルは要求されませんが、どのパラグラフに何が書いていて、それが全体の主張の中でどのような意味・論理関係を持っているか、把握できる程度の英語力は必要になると思います。

②生命科学分野の知識=
生物系の学部や大学院を出た人が、英語試験でも有利になりやすいです。臨床医学の話題も出るので、その場合は医療系の受験生にとっても解きやすいかもしれません。

文中に答えがない問題が出る場合も多いです。例えば、「文中下線部では~と言っているが、この事例として、あなたの知るところを日本語(英語の時もある)で書け(50字以内)。」という形式の出題です。

文中に答えがない生物学知識を書かせる問題では、まったく白紙になってしまう受験生も多いと思います。特にこれを英語で書かせる問題は、編入試験で差が付きやすいところだと思いますが、博士課程以上の学生なら(論文執筆などで)普段やっている作業であり、おそらく特別な対策は不要です。

何らかの知識を問う設問に答える際は、「たまたま知っていた」という運の側面も大きいですが、この運を引き付けるために、日頃から関連ニュースに接したり、広く医療・医学情報にアンテナを張る必要も出てきます。そうすることが、小論文や面接の対策としても役に立ってくるはずです。しかし、それでも不確定要素が強く、勉強への見返りが得られない可能性が高いため、対策しづらい面があると思います。(よかったら、読み物紹介ページなどもご覧ください)

③日本語でまとめる能力=
大学で真面目にレポート課題や卒業論文をこなしていたら、それほど苦労することはないと思います。逆に、海外在住が長いと苦労するようです。英語のできる生物系の帰国子女にとっては、ある意味、医学部編入の試験は日本語力試験になっていると思います。

日本語力については、ほとんどの人に基礎能力があると思うので、大変な苦労はないと思いますが、多少の記述練習はやった方がいいと思います。「〇〇字以内で書け」と言われたときに、どれだけの情報を含められるかとか、記述にどれだけ時間がかかるとか、感覚的なものも身につけておきましょう。


以上の①②③をまとめると、もっとも有利なのは、「日本の生物系の大学院の修了者」であると思います。私もそうだったのですが、この場合は、平均的な英語力があれば対策はほとんど不要です。

そうでない人にとっては、上で挙げたように、①論文への慣れ、②生物学知識の拡充、③日本語でまとめる練習、の3点は意識しておくべきポイントになると思います。


英語試験の対策方法

「実際の論文を読んで要点をまとめる練習をする」という勉強法も可能ですが、かなり時間がかかる方法です。

根本的な対策にはなりませんが、対策が難しいので、英語の苦手な人の代替案として「生命科学+英語の二科目型試験の大学を避けて受験することで、相対的な英語の配点を下げる」も、賢い選択かもしれません。しかし、それでも依然英語の重要度は高いので、避けては通れません。結局、英語が苦手な人は、ある程度英語対策に費やす時間が必要になってくると思います。

読む練習になる雑誌として、お勧めできる例を挙げると、

・臨床系なら、NEJM
・基礎医学系なら、Nature
(”Research”カテゴリの記事は専門家向けなので除いてください)

などは信頼できますが、大学などに属していない限り、なかなか無料で読めないことが大きな問題になります。

無料で読める雑誌では、PLOS~の雑誌が有名で、ここでReview, Perspective, Opinion, Essay, Editorial, などのカテゴリで、興味のある記事を探してみるのもいいかもしれません。(ここでも、”Research”の記事は除いてください。)

ただ、全くの初心者からのスタートですと、慣れるのに時間がかかると思います。状況によると思いますが、英語+生命科学の二科目特化型の受験校を避けた場合、たいてい一般入試と受験科目が近くなります。とすると、いっそ英語が大の苦手という人は、「編入試験にこだわらず一般入試も選択肢に入れる」ことを考えてもいいかもしれません。


関連記事
医学・生物学系の読み物紹介(医学部学士編入)
医学部学士編入の勉強法と参考書(独学者用)
医学部学士編入の費用と予備校の利用価値