博士取得後の給料(企業・大学)

アカデミアのポストの年収を民間会社と比較してみます。30歳前後を想定し、技能は一般的な分子生物学実験・研究・課題発見と解決力・英語力、と考えます。無理やり一般化してみるので、会社や大学によって異なると思いますが、傾向は間違いなく存在すると思います(転職サイトなどに登録してみるのがお勧めです)。

(1)年収700万以上

<大手コンサルティング会社、大手・準大手製薬会社>
まず、高給を得たいなら、もし行けるならですがコンサルとか大手製薬に行った方がいいということです。ただ、特に製薬研究職は今ではかなり狭き門です。大手なら並みの国立大よりもずっと良い研究環境・優秀な人材が集まっています。会社の規模が大企業になればなるほど、30歳手前の新卒博士にも寛容です。もちろん当人の技術・研究能力が見合っていればですが、「社会人経験」のようなものは大手企業であれば求めていません。

コンサルに就職する博士は、私の個人的な印象を多く含みますが、ガツガツ系の人が多い傾向であると思います。研究能力や取得技術自体よりも、それを如何に素晴らしく説明できるかが重要らしいです。会社に専門家はいませんから当然なのですが、結果的に本人の研究力と比べてハッタリが上手い人が多く就職できていた感じがします。ものすごく多忙であると聞きます。

(2)年収500万から700万

<中堅製薬会社、優良一般企業、正規の助教、トップクラスのポスドク>
中堅の製薬会社になると、少し大手よりも待遇が下がりますが、それでも並みの上場企業よりずっと上です。日本の中堅製薬会社となると、ほとんど薬をつくれていないところも多いので、博士は行きたがらないでしょうし、よほど専門性がマッチしない限り歓迎されません。バイオ系の博士が就職できそうな会社では、試薬メーカーや医療機器メーカーも30歳でこのレベルの年収のところが多いと思います。

アカデミアでも、もしも早めに助教になれたら収入の面では民間企業に劣っていないと言えます。ポスドクで高い給料の場合(学振PDなど)も、平均的な民間企業と比べて年収だけ見たら恵まれていると言えます。

ポスドクでトップ(PD,SPD)で戦うのは難しいなら、地方私立大学で助教として働くことも推奨したいです。研究よりも大学雑務や教育がメインの仕事になる場合が多いですが、任期が長いor任期なしの場合も多く、国公立大学と比べて年収が高い場合が多いです。

(3)年収400万から500万

<高待遇のバイオベンチャー研究職、優良な企業一般、低待遇の特任助教、高待遇のポスドク>
日本でまあ男性が結婚できるとされる年収です。贅沢できなくても2人分の生活費をまかなえます。一般企業の正社員と異なり、バイオベンチャーは一般に将来不透明でアカデミアポスト任期ありとさほど変わらない気もしますし、特任助教やポスドクも1年ごとの契約更新が普通なので、生活よりも将来への精神的不安が気がかりなことかもしれません。

(4)年収300万から400万

<バイオベンチャー研究職、普通のポスドク>
博士までの奨学金返済が負担になるでしょう。旧帝などでトップクラスの研究を行い、業績を上げつつあるなら許容できるかもしれません。一応、一人分の生活費は楽にまかなえるので、研究が楽しければやっていけると思います。

(5)年収300万円以下

<低待遇のポスドク、バイオベンチャー研究職、派遣実験員>
きついと思います。ポスドクなら待遇改善を教授に訴えていいです(例:「奨学金が返せません」と言う)。旧帝大卒などで学歴があるなら大幅なキャリアチェンジを図ってもいいと思います。「衣食足りて礼節を知る」です。最低限の余裕がなければ研究は楽しめませんし、斬新なアイデアも出ないと思います。


ポスドク問題

ポスドクの場合は待遇の幅があまりに広いのでハイリスクハイリターンのようにも見えます。底辺ポスドクだと派遣のテクニシャンと同様レベルです。一方で学振PDとかSPDのような制度もあるし、あるいは研究評価にあまり関係なく、研究費に恵まれたラボにいたら高待遇で雇われることもあります。研究室の教授の考えによっても変わってくるでしょう。一部に勝ち組ポスドクがいる一方、高卒派遣社員のテクレベルから脱せられないポスドクもたくさんおり、そんな彼らは高学歴ワーキングプア状態です。

またアカデミアの場合は任期が存在することは精神的な負担になります。ただあくまで数年単位の一時的待遇を考えるなら、平均的ポスドクであっても30歳くらいで会社で働くのと比べて、とても悪いとは言えない給料をもらえます。バイオ系の大学院博士やポスドクでも、一般学部卒程度の収入を得られる可能性はそれなりにあるのです。

ただそれに甘んじてずるずるポスドクを続けていると、40歳になって職の幅が狭まりますし、最終的には無職さえもあり得ます。日本は年功序列が重要なので高齢ポスドクの採用はかなり避けられますし、民間会社でも、高齢の未経験者採用は(警備員などを除き)あまりないです。

関連記事:
ポスドク問題・特任助教問題とは
大学教員(助教)の労働時間と給料


17.3.19追記:民間企業だと退職金がもらえる場合が多いので、特に大企業の場合は上記額面より多くなると考えられます(大学での雇用形態は「年俸制」が多いと思われ、この場合一般的に、退職金やボーナス等すべて含めた額から換算された毎月の給与が支払われます)。