研究者の英語力、必要性と勉強法

私はアカデミアの人間なので、大学教員のキャリアを想定して書きますが、企業の研究職でも同じ傾向だと思います。この記事の内容は、ポスドク・大学院生など若い人向けです。

研究者にとっての英語の必要性はどのくらいか

科学研究では英語が共通言語になっているので、英語はできればできるほど良いです。当たり前ですが、日本語に翻訳された情報は既に過去の情報なので、それを追いかけても最先端の研究はできません。

ただ、英語はあくまでツールに過ぎないので、必ずしも完璧な英語は求められません。研究内容が素晴らしければ、発表者の英語が下手くそでも、何とか聞き取ろうとしてもらえます。また、研究者の中に英語ネイティブは多くないので、基本的に下手な英語にも寛容だと思います。あえて言うなら、求められる英語レベルは高くはなく、「最低限の運用能力」という感じです。


研究者の英語力のレベルは?英語できない人はどうなるか

全部私の主観ですが、英語力はかなり個人差が大きいです。研究遂行力と出身学部偏差値は相関が比較的明確だと思いますが、英語力と大学偏差値の相関はずっと緩いと感じます。研究分野で比べると、生物系研究者の英語レベルが相対的に高く、工学系は英語ができない人が多いと感じています。日本の生物系産業が他業界と比べて弱すぎることや、留学生数などが影響しているのかもしれません。

旧帝の大学院生(生物系)だと、TOEICは800~900点台、TOEFL iBTなら80点台であれば標準か、やや英語ができる方だと思います。ただし、特にTOEICは研究で必要な英語に関係しないです。私の感覚ですが、必要となる英語の具体的レベルというのは、多分以下のようになると思います。

・最低限の発音。アクセントを理解していること。
・論文中の英語表現は不自由なく使えること。
・聞き取れなかったときに聞き返せる・表現がわからなかったときに別の言葉で言える、程度の英語力。

カタカナ英語は、カナカナ英語のパターン(L→RとかV→Bとか)を知らない外国人には非常にわかりづらいので、早く直した方がいいです。ポスドクや助教になっても英語発表から逃げている恥ずかしい人も一定数いますが、逆に、発音とアクセントさえ身に着けて簡単な英会話ができれば、本来の研究能力に依らず「英語ができる優秀な人」のような印象を周りに与えるので(おかしな話ですが)、いくぶんキャリア形成上も有利になりうる思います。


英語上達のための勉強法は?研究室は理想的環境

大学の研究室は、自然な形で英語力を上げるのに適した環境であることが多いと思います。仕事のツールとして英語を使うし、(留学生がいれば)人とのコミュニケーションのために英語を使うからです。この意味では、巷の英会話教室なんかよりはコスパがいいかもしれません。

大学院生にとっては、論文を英語で読んでいるというだけではアウトプットがないため英語上達法として非効率で、ほぼ効果なしだと思います。私の場合は、大学院の時、抄読会(ジャーナルクラブ)を英語でやっていたのが良かったです。特に、博士課程の研究室を選ぶ際は「ラボ環境」が自分の成長になるか否かという観点も必要だと思います。例えば、研究室メンバーの多国籍さもラボ選択時には加味していいかもしれません。


以上です。あくまで考え方の一例としてお考えください。

他に、オンライン英会話(例:レアジョブ英会話)もコスパはいいと思います。私は学生のときレアジョブをやってました。興味あれば無料体験どうぞ。