研究者の結婚(婚活編1)

婚活パーティーに参加したから報告します。記事執筆者のスペックは、男・理系研究者・約30歳です。

女性の方は、こちらの記事(研究者と出会いたい女性のガイド)がもっと参考になると思うのでよかったら読んでみてください。

初参加で、日本最大お見合いパーティー「エクシオ」に行ってみました。



婚活パーティーの内容

たいていどこの婚活パーティーも、参加費は男性が数千円なのに対して女性は数百円という風に、男女差があるようです。なんだこと男女不平等はと思いますが、合コンでお金使うよりは本気の人に会えるから、費用としては高くないと、解釈すればいいそうです。

会場では、男性が8人、女性が12人くらいでバランスがとれていませんでした。名前は「パーティー」だけど、パイプ椅子が並べられているだけの質素なレンタルスペース。もちろん軽食も何もないし、とてもパーティーと呼べるものではないです。

パイプ椅子は縦2列で並べられていて、右側に女性が待機しています。男性が左側の椅子に一定時間座り、おしゃべりしていきます。1回あたり1-2分しか会話できず、まるで回転寿司のよう。この回転システムは大変興味深かった。

看護師と美容師の比率が高かった気がします。その他会社員の方などで、普通に知り合いたいと思う人はいました。一方であまりにシャイなのか、反応が薄く会話ができないレベルの方もいました。


参加した感想

若干、女性の平均年齢が参加基準の上の方に偏っていたのが気になりました(男性側は知りません)が、少なくとも私「男30才で助教(=一応大学教員)」であればまずまずとは認識される気がしました。博士課程を含めて長期に学生をやっているので、その点を話してしまうと、かなりマイナス印象を与えたようでした(相手によっては引かれるレベルでした)。ただ、現時点のみで見れば同年齢の平均的な未婚男性よりも高い収入と学歴ということになります。スペック重視の集まり(例「エグゼクティブパーティー」のような)に行ったら負けるでしょうが、平均的な「婚活パーティー」なら心配無用だと思いました。

一般的なレベルの「婚活パーティー」で、収入やキャリアの不安定さを口に出さなければ、恐らくポスドクの立場でも十分に戦えると思います。バイオ系の就職難は世間的にはそれほど認知されていませんし、昔ほどでないにせよ「高学歴」はある程度ワークするスペックです(実体は必ずしもor全くよくないと思いますが。)

油断してはいけませんが、男性30才前後であればまだ若く、仕事で順調にキャリアを積んでいれば、ポスドクでも結婚できないことはないって気分にはなれそうです(多分)。一方、女性の場合はもっと加齢が不利に働くため、年齢が30才以上で、将来結婚したいと考えている女性には時間的な余裕が少ない気がします。


婚活パーティー(比較的全国規模でやっている大手)のリンクを3つ貼っておきます。
日本最大お見合いパーティーといえば、エクシオ
ユーブライドパーティー
低価格の婚活イベント!男性2000円~/女性500円~参加可【フィオーレパーティー】

以上は、比較的気軽に参加できそうな婚活「パーティー」です。ポスドクで並のコミュニケーション能力があれば男女ともこなせるような気がします(多分)。

詳しい感想の記事をこちらに(ダラダラと)書きました。

関連記事:
研究者と結婚したい女性のための出会い方ガイド1


おすすめ
【大人の医学部受験】元医学部教員の医学生が「学士編入」をゼロから詳しく解説@note
→ 医学部に興味のある人におすすめ。編入受験生に必要な情報を網羅しています。