研究者の結婚(婚活編2)

この記事の内容は私の独断偏見を多々含みます。自分の経験や個人的な感想です。(*前回の記事婚活編1の続きでもあります。)


男性研究者の印象は悪くない

自分の経験に基づく印象と、個人的に聞いた複数女子の意見などなどがソースです。

男性の場合、年齢相応の仕事をしている限り、どうも加齢は結婚できないリスク要因にはならないらしいです。アカデミアで研究者をやっていれば、ざっくり言って27-30歳で博士取得後、30台前半でポスドク、後半で助教、40歳頃には講師以上になり教授ポストを狙える状況であることが期待されます。研究者のキャリアは先に進むほど難易度が飛躍的に上がりますが、(婚活者が多いであろう)30代半ばまではポスドクでいることが許されそうだし、世間的にもそんなに悪くないと思います。

特に、特任付きであっても助教以上は「大学教員」であるので、見かけ上の社会的評価は結構高いです。並みの婚活パーティーなら有料物件かもしれません。見破られることもあるでしょうが、高齢助教(万年助教確定)の人でも相対的には不良物件でもなさそう。ポスドクも若ければそんなに問題ないような気がします(高学歴ですし、他職種と比べれば給与レベルは低くないです)。最低限のコミュ力があれば、どうも世の中に一定数いると思われる「頭の良い人が好き」という女性とマッチングするような感じがします。女性の本能なのか学歴社会の賜物なのかわかりませんが、そういう人にときどき出くわします(ました)。

 


紹介:

この雑誌で、職業によって男女の未婚確率が正反対の例があることが示されていた。特に医師での真逆傾向が際立っている。どちらかというと、男性に参考になるかもしれない。600円はやや高くて微妙(私はアマゾンで買いってしまった…)。


女性研究者はどうだろう(?)

周りの例を見たりで、色々推測で書いてみます…。

女性は身体上、男性より加齢が生殖機能に影響します。どうも、本能的・生理的に男性は、女性ホルモンの特徴が出ている身体つきや、妊娠効率の高そうな個体(特に年齢が指標)を魅力だと感じるようです(下に参考書籍)。博士取得し、これからアカデミアでの研究キャリアを積もうとするときに、既に女性30歳というのは婚活市場内では全然有利でないです。年齢的には、その後数年を逃せば市場価値が急落する年頃です。また世間では学歴を気にする男性も多いため、高学歴であることがなぜかマイナスになりかねません。まあそんな男は相手にしないでしょうが、ともかくこれは夫の候補母集団自体が少ないということです。仕事が忙しい+将来遠距離になりがちなのも不利。本気で研究やりつつプライベート充実させるのは男性以上に難易度高いと思います。結局のところ、大学内で研究キャリアに理解のある相手を早期に見つけるのが理想かと思ったりします。私の周りの女性研究者の場合、研究者同士の結婚がほとんどです。

別に研究キャリアに限った話ではないのですが、2つのことを同時にハイレベルにこなすのは難しいです。最近は支援制度が大学にも増えて、研究と育児を両立できるようになったと言うけれども、研究でトップを目指すのはかなり厳しいと思います。(ですが、研究は一番でないとほとんど意味がない仕事です。)


私個人としては、女性研究者支援が議論される際に問題になっている「一度中断するとキャリアで取り返しがつかなくなりやすい」というのは、アカデミア研究職で顕著ですが、むしろ日本社会全体の傾向であると思うので、とりあえず、古い年功序列観念の破壊とか雇用の流動化の方を目指した方がいいと思ってます。


紹介:

この書籍は男性と女性の差異を生物学・心理学的なデータとともに示している。一般向けなので詰めは甘いが、研究者でもさらりと読む価値はあると思う。少し筆者(女性)の価値観が偏っているような気もする(アマゾンレビューでも言及されている)。


婚活パーティー(比較的全国規模でやっている大手)のリンクを3つ:

日本最大お見合いパーティーといえば、エクシオ
ユーブライドパーティー
低価格の婚活イベント!男性2000円~/女性500円~参加可【フィオーレパーティー】


追記:
くだらない記事で、研究者と結婚(女医編)というのを書きました。もしかしたら参考になるかもしれません。